福島原子力発電所事故による影響について(2017年10月10日)

● 原料乳と放射線に関するする当社の対応について ●
いつも弊社製品をご愛顧くださいまして誠にありがとうございます。
震災後の原発事故による原料乳について何かとご心配をお掛けいたしまして申し訳ございません。
弊社は放射線量の問題について宮城県が毎週検査している結果を注視しながら製造にあたっております。
● 宮城県白石・蔵王周辺で集乳された原乳の放射線量の測定結果 ●→詳細はこちら(宮城県の環境モニタリング結果)
 (宮城県からの発表があり次第随時更新しています)
・9月28日:放射性セシウム上検出(1.6未満)。(白石)
・8月24日:放射性セシウム上検出(1.6未満)。(白石)
・8月10日:放射性セシウム上検出(1.6未満)。(白石)
・7月13日:放射性セシウム上検出(1.6未満)。(白石)
・6月22日:放射性セシウム上検出(1.6未満)。(白石)
・6月8日:放射性セシウム上検出(2.1未満)。(白石)

○原子力発電所事故による牛乳・乳製品への影響に関するQ&A(日本乳業協会編集)
○牛乳の放射性物質検査や風評、汚染稲わら問題についてのQ&A(Jミルク刊)